g.i.l.建築研究所/小西 恵のホームページ
 

CONCEPT
一般的な縦長のマンションのリノベーションである。 面積は50F弱とあまり広くはなく、天井もスケルトンにしても2500mmが精一杯である。 マンションのリノベーションでは空間が制限され自由な広がりなどを得ることがほぼ不可能であり、その限られた空間をいかに有効利用するかが求められてる。 そこで必要最低限の機能をまとめ一つのユニット  一つの家具のように計画した。 また、ユニットは部屋ではなく、家具のようにフレキシブルにあらゆるスペースにフィットするように作られている。

  


(右)クローゼット、浴室、サニタリー、洗面スペースがコンパクトに組まれている。サニタリーおよび浴室は床を上げ下部を配管スペースおよび長いものの収納となっている。
(上)キッチンよりバルコニーを見る。バルコニーからは都心の摩天楼が広がる。

(right)The closet, bathroom, sanitary, basin are fixed in most compact space. The bathroom is lifted for piping, but the space under is also used for store long goods.
(above)View from the kitchen.The skyscraper of Tokyo can be seen from the balcony.
   

works 
search
about g.i.l.
blog

Urban Unit s
Tokyo,Japan  2006
 
structure RC リノベーション
rc renovation
program 住宅
private house 
size 44.60F
photos 石黒 守
    
  あたたかな住空間デザインコンペティション
 リフォームの部 優秀賞
新しい住まいの設計 2007.7
 
   
1 2 3 4 5