g.i.l.建築研究所/小西 恵のホームページ
 

CONCEPT
高齢の御両親と一緒に都心から伊豆に移り住むための築15年ほどの木造2階建ての増改築である。2階部分を大幅に増築し小屋組から手を加えることとなった。1階部分は可能な限り広々と明るいワンルームとし、和室も戸襖をあければ一つの空間となるようにした。南面には適度に夏の日射を遮るルーバーを取り付け屋外生活も楽しめる。

The project is to renovate a 15-year-old, 2-story timber house located in Izu prefecture for a family with aged parents. More than half of the upper level was added, requiring the roof frame to be fixed. The ground level floor is designed as one large space.

城ヶ崎リビング
The tatami-room at the end of living space becomes a part of the living space when the sliding doors are open. On the south, there are louvers that make comfortable shadow in the summer. リビングから繋がる和室。建具で仕切られるようになっている。
Tatami-room at the end of living room. 6 sliding doors can be fitted to divide room.    
城ヶ崎和室

works 
search
about g.i.l.
blog

城ヶ崎の家
house in Jogasaki
Shizuoka,Japan  2002
 
structure 木造 2F
timber
program 住宅
single-family house
size 191.37F(増 66.43F)
produce (株)ホームイング
   
   
   
1 2