CONCEPT
急な勾配を持つ前面道路、両脇に私道を持つ比較的開かれた29坪の敷地にパン工房、それを営む人の住居とその人の叔母夫婦の住居の計画である。建物の使われ方、住まい手の構成など様々な点でフレキシビリティーが求められた。その解決案として二重螺旋を計画した。一つの螺旋は共用の階段と廊下、もう一つは内部のものである。その結果各々の部分は、共用階段で外部、屋上に直接通じ、内部階段によって各部分の組み替えが自由自在となった。また、各部分は、二つの螺旋をメビウスの帯のようにひっくり返す機能も持っており、様々な可能性を秘めている。

The site is a 95F area, facing a steep street and surrounding by 2 narrow private drives on either sides. The program includes for a bakery, its ownerユs and his uncleユs family, calling for incredible flexibility. The solution was a 2-layered spiral. One spiral is a shared staircase and corridors. The other one is within the living space. The result is that each component is connected directly to the street and the roof, and can be used flexibly. At the same time each space can turn 2 spiral inside out, enabling an infinite number of possibility.

2重螺旋。引き戸を開けると共用の階段となっている。
2 spirals overlaps. The sliding door is the entrance to public spiral.

works 
search
about g.i.l.
blog
homepage

上大岡-C
Kamiooka complex
Kanagawa,Japan  2001
 
structure RC+S 3F+BF
rc+s
program 二世帯住宅+shop
2-f house+shop
size 175.36F
consultants 吉田構造設計室
collabolation 大塚アトリエ
K+A unit
   
  Memo 2001.9
1 2