CONCEPT
緩やかに傾斜した多摩ニュータウンの一角に位置するこの住宅は内部、外部を問わず生活空間の広がりに重点をおいて計画された。それぞれの空間は部屋ではなく、様々な時を過ごす場としてつくられ、閉ざされていたり抜けていたりと場の性格も様々である。生活が一つのシークエンスのようにこの住宅も一つの繋がったシークエンスの中にいろいろな場が設けられている。

The house, located on a slightly down slope of Tama New Town, is designed to emphasize on the expansion of living space. Each space is a place that one spends time, rather than room. There for in one place it is closed and another it is opened. As life is one sequence, in this house, many kinds of places are located in a sequence.






道路との高低差を活かし、1階を半地下にすることで2階のリビングと庭レベルをつなげ、また道路からの視線をカットできる。
Using the diffrence between the street level and the ground level, make 1st floor sunken in the ground that the 2nd floor are more connected to the ground.

works 
search
about g.i.l.
blog

向陽台の家
house on Kouyoudai
Tokyo,Japan  1997
 
structure RC+W造 3F
rc+w
program 住宅
single-family house
size 210.69F
consultants H&A構造設計
   
  住宅特集 1999.3
Pen 1999.8
Bises 2001.冬
Dog World 2005.1
犬と暮らす家vol.1
   
1 2 3 4 5