CONCEPT
東側に公道、南側に私道をもつ角地に建つ住宅である。 東側の公道に沿って大規模集合住宅が建つ前のグラウンドの時からあるメタセコイヤの並木が続いており、並木越しに集合住宅の公開空地として設けられた緑地が広がる。 この緑を取り込むためと、敷地形状が正方形であること、東側に緑地、北側に隣地の緑、南側に私道と比較的広がりが取れることを考慮し、テラスや中庭までも全て含めて敷地全体をリボン状の窓でぐるりと取り囲んだ。リボン状にするため窓下の腰壁部分に木製トラスを組み込んだ。窓は出窓状になっており、緑や連なる並木を水平に切り取りながら、テラスや中庭を含めたプライベートスペースををパブリックから守っている。 窓の中は天井が高かったり、低かったり、内のような外部だったり、木が生えている完全な外部だったりと様々な楽しげな空間が繋がり開かれワンルームのようになる。

  

2Fリビングより東側前面道路のメタセコイヤの並木を見る。
View of metasequoia trees from the living room on the second floor.    

works 
search
about g.i.l.
blog

窓の家
Kanagawa,Japan  2006
 
structure 木造 3F
timber
program 住宅
private house
size 99.36F
consultants Techno Design
photos 石黒 守
   
  あたたかな住空間デザインコンペティション
 新築の部 最優秀賞
ニューハウス 2006.10
   
1 2 3 4 5