g.i.l.建築研究所/小西 恵のホームページ
 

CONCEPT
敷地は、急な坂を登りきった高台にある。ご両親が住まわれていたところを2世帯住宅に建て替える計画である。角地であり真北が東側に振れているため、南側と西側からは道路斜線、北側と東側からは北側斜線が迫っている。ゆったりのびのびとした住宅にするため親世帯も子世帯もワンルームとし、必要に応じて引き戸で仕切れるようになっている。以前の住宅では閉じられていた北西の角にテラスで開くことで周囲の住宅からも距離を持たせつつ眺望を得ている。また、1階はバリアフリーとし2階は段差および天井の高低差を利用して変化を持たせることで広がり演出している。

The site is located on the top of hill, led by a steep slope. The family keeps household there for more than 30 years and decide to rebuild a new 2-family house, for their daughterユs family. With the tight regulation of the height and volume, no partition wall was made, so as to make house spacious and open. Sliding doors divide the space if it is necessary. Beautiful view was designed by making terraces on the northwest corner where in previous house was closed. First floor is designed as a senior citizensユ house, on second floor various ceiling height makes a rhythm and expanses the space.
綱島台2Fリビング1

綱島台外観



北西に開いたテラスは室内の延長となりつつ、綱島台公園の緑を室内に取り込んでいる。

The terrace on the northwest corner is an extension of living room, which also brings green of Tsunashimadai Park in to the house.

works 
search
about g.i.l.
blog

綱島台の家
house in tsunashima
Kanagawa,Japan  2004
 
structure S造 2F+LOFT
program 二世帯住宅
2-f house
size 137.71F
consultants
吉田構造設計室
 
   
 
 
 
   
1 2 3